ドッグフードと健康

日本は今も少子高齢化社会を突き進んでいます。
そして、少子化に伴いペットを飼う方が増えているのも現状です。
ペットの中でも人気の動物である犬。
犬や猫を飼う方が急増したのはここ数年です。
いわゆる「ペットブーム」と呼ばれる時代ですが、ペットを飼うなら気を付けたい事は1つ。
我が子と同じように健康を維持できる生活を送らせてあげることです。
ペットの健康は食事や運動からきています。
好きな時に遊んで、好きな時に寝る。
それがペットですから私たち飼い主は「食事」に気を付けるべきだとは思いませんか?
ドッグフードは犬の健康にとって重要な存在。
犬は子供と同じですから、体に良いものを与えると健康になり、おやつばかり食べさせるとわがままになります。
犬の健康にとって最適なドッグフードといえば、犬が必要としている栄養のみ含まれている食事です。
通常は「ドライタイプ」のカリカリと乾燥していることが特徴的なドッグフードを与える方が多いでしょう。
犬の健康や歯にとってはドライタイプのドッグフードが理想の食事ですが、水分含有量が少ないため飲み物を余計に摂らなければいけないというデメリットがあります。


ウェットタイプのドッグフードは、犬の好む味を出しやすく水分が多いという特徴がありますが、歯の健康の為にはよくありません。
当サイトでは、犬の健康を維持するために際的なドッグフードの選び方をご紹介します。
また、ドッグフードの危険性についても紹介しているので、愛犬の寿命を考え健康的な食事を与えてあげたい方はぜひ参考にしてください。